治療費の不安

高額費用の問題

通院時にかかる薬代が高額で困ったと言う意見も聞きます。
癌治療にはかなりの費用がかかることは避けられない現実問題です。
先進医療も含めた様々に対応している保険に入っている場合は随分違ってきますが、ちゃんとした保険に入ってなかった、癌に対応する保険にも入ってないなどの事情では経済的負担も大変でしょう。
様ざまな癌や、またそれによって生まれる困難も考慮した保険もあるので、年齢によって、特に働き盛りであればそんな充分な保証のある保険に加入することも必要です。
特に通院治療をいずれ受けることも念頭に入れれば、通院に力を入れている保険を重点に考えるのも大切です。
現在の加入保険を見直して、金額と相談しながらもできるだけあらゆるケースに適応しているものを真剣に見直してみることも大事かもしれません。

高額医療費制度の申請

月々の自己負担金がかなりの高額なら、高額医療費に対応した援助が可能で支払ったお金が戻ってきます。
しかしこれは自動的に戻ってくるのではなく申請が必要です。
この高額医療に関しては年齢による違いがあります。
70歳を超えると収入に応じ、限度額に違いが生じます。
所得が現役からかなり低くなると健康保険の支払い割合が異なってきます。
通常3割負担が2割と減少します。
「高齢受給者証」を通院時持参しましょう。
基準としては世帯の本人、家族に住民税課税標準所得額が145万円を超えている場合が対象です。
また直後の手続き直後に行わなかったとしてもは2年前まで遡って申請ができます。
注意点としては申請し払い戻しが実行されるまで3か月ほどの期間が必要だという事です。
すぐにその場で戻るのではありませんから、このことも考慮しておきましょう。