癌はもう不治の病ではない

通院治療のメリット

癌は長期入院が必要と考えられていますが、実際はかなり入院期間が短くなってきています。
化学治療だけではなく、放射線治療も通院しながら治療を受けている人も多いのです。
病院の中での生活は精神的にもマイナスになってくることがありますが、在宅通院では日常の生活が送れるので、一人であれこれ考えて暗くなってしまいがちな状態が軽減されると聞きます。
また状態によっては仕事も可能なので、モチベ-ションが高くなり精神的プラス思考になって病気の回復に役立つこともありますね。
ガン保険に入っていなかったため、費用が心配、またこの先転移したらと考えると不安が募るという深刻な問題を抱えている人もいます。
高額医療制度は一定の金額が戻るとはいえ、治療内容によって自費負担は変わってきますから、案外安く済んだという月もあればかなり高額になる月もあります。
そのため、通院治療でできるだけ働いて費用負担を抑えたいという人もいますね。

援助してくれる団体もある

治療中の通院は個別の環境や、おかれている状況、体調によっても違いがあります。
ご家族の助けを借りられる場合もそうでない場合も、相談できる場所を知っておくことで大変助けになるでしょう。
専門医療機関で自宅近くの訪問診療ができる病院の紹介や、また精神的緩和のための支援を紹介してくれるなど、様々な患者に沿った対応や情報
提供をしてくれる事もあります。
市区町村などの各自治体にも相談窓口が設けられています。
介護が必要な場合はこちらで詳細を確認してみると良いでしょう。
また会社の健康保険組合などで暫く病用のための休暇が取りたいがなど、傷病手当なども確認できます。
病院の癌相談支援窓口で総合的な利用可能なサービスなどを説明してもらうと色々わかることがあるかも知れません。